北ミサイル 金正恩氏が発射立ち会い 在日米軍基地攻撃担う「戦略軍火星砲兵部隊」

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、在日米軍基地の攻撃を担当する部隊による弾道ミサイル発射訓練が「成功裏」に行われ、金(キム)正恩(ジョンウン)朝鮮労働党委員長が立ち会ったと報じた。6日に日本の排他的経済水域(EEZ)内などに着弾した4発のミサイルを指すとみられる。米韓両軍の合同演習に反発を示し、核弾頭が搭載可能だととも誇示した。

 発射を担当したのは「朝鮮人民軍戦略軍火星砲兵部隊」だとしている。戦略軍はミサイルを扱う部隊。火星砲兵部隊は「有事に日本駐屯米帝侵略軍基地を攻撃する任務を担当している」とした。在日米軍基地が標的だと明示し、トランプ米政権や日本を牽(けん)制(せい)する意図を鮮明にした。

 訓練は核弾頭の取り扱い手順と作戦遂行能力を判定するため実施。「実戦さながらの訓練を通じ、最強の核攻撃兵力に強化された同部隊の威力が誇示された」と主張した。ミサイルの種類には言及しなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ