北ミサイル 東北の漁協「困った」…募る不安 秋田県知事ら、政府に強い対応要望

 北朝鮮が発射した弾道ミサイルが6日朝、秋田県の男鹿半島沖の日本海に落下した。被害は確認されていないものの、東北各地で自治体や漁業関係者が対応に追われるとともに、再び繰り返された暴挙に、政府に一段と強い対応を求める声も上がっている。

 昨年8月にも男鹿半島沖250キロにミサイルが落下しており、秋田県庁では午後から関係部署を集めた緊急連絡会議を開催。佐々木司・危機管理監は、県としての対応に限界があることに「もどかしい部分はある。政府にはしっかり対応してほしい」と話した。

 佐竹敬久知事は「今後、航行中の船舶にミサイルが落下するなど不測の事態が発生しかねない。政府には、北朝鮮問題の解決に適切に対処するよう強く要望する」とコメントした。

 また、ミサイル発射を想定した避難訓練を今月17日に控えていた男鹿市はこの日朝、市内の漁協の各支所に注意喚起を連絡。このうち船川総括支所では、底引き網漁船など6隻が早朝から操業中だったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ