THAAD、韓国配備進める 米国防総省

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省のデービス報道部長は10日、記者団に対し、北朝鮮の弾道ミサイルに対抗する米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)の韓国配備について、朴槿恵(パク・クネ)氏の大統領罷免に影響されることなく進めていくと表明した。

 デービス氏は、配備は「韓国政府との合意事項だ」とした上で、「韓国は(THAADの)軍事的能力を必要としている。合意に従って取り組みを続ける」と強調。「指導者が交代するのは新しいことではない」と述べて、韓国の政変と配備は無関係であるとの立場を示した。

 米当局者がロイター通信に語ったところでは、システムは数週間後に運用が開始される見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧