北ミサイル 米国の先制攻撃案非難 北朝鮮、「破滅」とけん制

 北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、トランプ米政権内で北朝鮮による弾道ミサイル発射の抑止策として先制攻撃が選択肢に浮上していることを非難し「米国はわずかな誤った判断も自分たちの終局的破滅につながることを知るべきだ」とけん制する論評を配信した。

 論評は、米韓両軍が定例の合同軍事演習を実施していることについても、トランプ政権が歴代米政権の対北朝鮮政策の「失敗」から教訓を得ずに「勝算のない核恐喝政策を踏襲している」と批判した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧