北核ミサイル 米B1爆撃機が展開か 北朝鮮けん制、韓国報道

 【ソウル支局】米軍の戦略爆撃機「B1」2機が15日午後、韓国領空を飛行したことが分かった。聯合ニュースが16日、軍関係者の話として報じた。

 15日午前には、原子力空母カール・ビンソンも釜山に入港。海軍・空軍の同時展開を示すことで、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 聯合によると、B1は韓国領空から中韓が管轄権を争う韓国・済州(チェジュ)島南方の離於(イオ)島(中国名・蘇岩礁)付近の上空を経て、米領グアムの空軍基地に戻った。

 B1は米国の主要爆撃機の一つで、グアムから約2時間で朝鮮半島に到達できるとされる。米軍は昨年9月、北朝鮮が5回目の核実験を行った直後にも2機のB1を飛行させていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧