トランプ氏 議員団に脅し? 共和党の混乱にいら立ち「追いかけてやる」

 【ワシントン=小雲規生】トランプ米大統領は21日、共和党議員団に対して脅しともとれる文言で、医療保険制度改革(オバマケア)の改廃法案の可決を迫った。共和党指導部が23日の下院本会議での可決を目指すなか、トランプ氏は党内の足並みがそろっていないことにいら立ちを隠せない様子だ。

 トランプ氏は21日、議会で共和党の下院議員のグループと面談。米メディアによると、「もしも結果を出せなければ、正直言って、あなたたちの多くは2018年の選挙で議席を失うと思う」と警告した。反対票を投じた議員を「追いかけ回す」とも述べ、造反に厳しい態度で臨む考えを示した。

 トランプ氏にとってオバマケア改廃は選挙戦での最重要公約のひとつ。しかし6日の法案発表後は、より徹底した改革を求める議員らと、より穏便な内容を求める議員らの双方から不満が噴出した。

 金融市場ではこうした足並みの乱れはトランプ氏が打ち出す減税策やインフラ投資策の実現性も低めるとみられており、21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続落。株式市場は大統領選後、「トランプ相場」と呼ばれる急速な株高が続いてきたが、潮目の変化を先取りする動きが出ている形だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧