「ロッテを倒せ」の横断幕も サッカーW杯予選・中韓戦は韓国敗れる、治安要員1万人で厳戒

 米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に反対する中国で反韓の動きが広がるなか、2018年サッカーワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国・韓国戦が23日夜、湖南省長沙で行われた。治安当局は1万人規模の厳戒態勢で臨んだ。

 「中国加油(がんばれ)!」のハチマキをした大学院生(25)は「THAADのことは別に気にしていない」と話すが、スタジアム前では「韓国に勝って(THAADの配備先の土地を提供した)ロッテを倒せ」という横断幕も。試合前に流れた韓国国歌は大ブーイングでかき消された。

 韓国人サポーター約200人は、中国人サポーターら約3万人から隔離された席で観戦。試合は中国が1-0で韓国を下した。(長沙 藤本欣也)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧