中国「禁韓令」暴走 THAAD配備に反発…サッカーW杯に装甲車、ホテルで太極旗の“踏み絵”も

 中国の禁韓令が止まらない。在韓米軍の「高高度防衛ミサイル(THAAD)配備」を決めた朴槿恵(パク・クネ)氏が大統領職を追われた後も、客に韓国国旗を“踏み絵”させるホテルが登場するなど行動はさらにエスカレート。中韓が激突した23日のサッカーワールドカップ(W杯)アジア最終予選では、湖南省の会場周辺に装甲車が配備されるなど、厳戒態勢が敷かれた。

 23日のアジア最終予選では、試合前、会場に韓国国歌が流れると、中国のチームカラーの赤に染まったスタンドからは大ブーイングが発生。前半に中国の先制点が決まると地鳴りのような歓声が響いた。

 試合は1対0で中国が韓国を下したが、場外でも中国の勢いは止まらない。

 韓国メディアの報道によれば、中国の旅行各社は今月15日、韓国旅行の取り扱いを一斉に中止。この日は「世界消費者権利デー」で、中国国営中央テレビでは特別番組が組まれ、消費者の権利を侵害したとみなす国内外の企業を批判した。

 中国国内のクルーズ船社も同日付で韓国経由便を運営しないこととしており、韓国入港禁止措置は短くとも6月まで続くとみられる。

 韓国旅行の一斉ボイコットで、これまで中国人観光客であふれていた韓国の空港は火が消えたような状態に。韓国の人気リゾート地、済州島からも中国人が姿を消し、観光名所が閑散としている様子も伝えられた。

 こうした中国の嫌がらせは、韓国の経済成長に大きな影響を及ぼす恐れも指摘されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧