医療機器にコンドーム…ネット通販から「トランプ」名の商品が消えた 米中首脳会談にらみ監視強化か

 【河崎真澄のチャイナウォッチ】

 昨年まで中国のインターネット通販サイトや量販店などで氾濫ぎみだった「トランプ」の名を冠した商品やサービスが続々と姿を消している。米大統領のドナルド・トランプ氏(70)が10年以上も前から中国当局に拒絶されてきたブランドの商標登録が、昨年11月の大統領選当選後になぜか一転して認められ、今年2月に正式に登録されたことが背景にありそうだ。

 習近平国家主席(63)による4月の訪米と米中首脳会談がみこまれる中、対米関係の行方に気をもむ中国の“気くばり”なのだろうか。

 中国語の当て字で「トランプ」の発音に近い「特朗普」「川普」「創普」などを使った商品として昨年まで実に200種以上が流通していた。全自動便器やコンドーム、医療機器や空気清浄機、食品からホテルなど建物の名称などまで幅広い範囲で使われていた。

 このうちコンドームや医療機器などがすでに「トランプ」としてはネット上で検索できなくなった。当局にトランプの商標を取り上げられた可能性がある。

 ネット上になおも残る商品は「創普TRUMP」ブランドの全自動便器で5999元(約9万9000円)や日本製をうたう「TRUMP」ブランドの首からぶら下げる効果も怪しい携帯型の空気清浄機255元(約4200円)などなど。

 なかでも名称がこっているのはプーアル茶の「特朗普」。トランプ氏については国営新華社通信の表記規定により国内の報道は漢字はすべて「特朗普」に統一されているが、雲南省のプーアル茶「特朗普」は特制(特製)で布朗(ブラウン=茶色)のプーアルとして、さもトランプとは関係ない本家本元の茶葉だと言い訳しながらも、ちゃっかりブランドにあやかったフシがある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧