トランプ大統領が強硬保守派に脅し「オバマケア改廃反対ならば刺客送るゾ!」

 【ワシントン=加納宏幸】医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案の撤回という挫折を味わった共和党のトランプ米大統領が反乱を起こした同党下院議員の地元に「刺客」を送るという脅しをかけている。標的にされているのは強硬保守派で作る「下院フリーダム・コーカス(自由議員連盟)」のメンバー。大統領選でトランプ氏の原動力となった強硬な保守派を敵に回す構図は、今後の政権運営に影響を与えそうだ。

 トランプ氏は3月30日、ツイッターに「フリーダム・コーカスが早くチームに加わらなければ共和党の政策全体を傷付ける。2018年には民主党と同時に彼らと戦わなければならなくなる!」と記した。

 18年11月の中間選挙で改選を迎える同議連の下院議員(任期2年)に対し、党予備選で対抗馬を立てる考えを示唆したものだ。実際、議連のマーク・サンフォード下院議員(サウスカロライナ州)は地元紙に、トランプ氏側近から「大統領はあなたが改廃法案に反対票を投じれば対立候補を立てる意向だ」と伝えられたと明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧