トランプ政権 イバンカさんの夫・クシュナー氏がイラク訪問 米紙報道

 【ワシントン=加納宏幸】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)など複数の米メディアは2日、トランプ米大統領の長女イバンカさんの夫、クシュナー大統領上級顧問がイラクを訪問していると伝えた。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)が拠点とするイラク北部モスルの奪還作戦が本格化する中、米国としてイラクを支援する意思を示す狙いがあるとみられる。

 米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長が同行した。クシュナー氏はホワイトハウスで中東問題を担当しており、イラクの現状を視察し、同国政府を支援する姿勢を見せることを自ら希望したという。

 トランプ氏は3月20日、イラクのアバディ首相との首脳会談で支援強化を約束していた。米NBCテレビによると、米陸軍第82空挺師団から約275人がイラク北部に増派される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ