トランプ米大統領、エジプトのシーシー大統領と首脳会談 テロ対策で協力確認

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は3日、エジプトのシーシー大統領とホワイトハウスで会談した。シーシー氏の米国公式訪問は2014年の就任以来初めて。両首脳はオバマ前政権下で冷え込んだ両国関係を修復し、テロ対策で協力していくことを確認した。

 トランプ氏は会談の冒頭で「シーシー氏は非常に困難な状況で素晴らしい仕事をしてきた。われわれはエジプトとその国民を支えていく」と述べた。また、「われわれはテロと戦う。長い間、友人同士であり続ける」と語った。

 これに対し、シーシー氏はトランプ氏を「対テロ分野で非常に強い姿勢を取り、邪悪な思想に対抗している」とたたえた。中東和平交渉での連携も約束した。

 オバマ前大統領はクーデターによる政権掌握や人権状況を問題視し、同盟国エジプトへの大型兵器供与や年間13億ドル(約1450億円)の軍事支援を一時凍結し、シーシー氏をワシントンに招待しなかった。トランプ氏は会談で、エジプトの人権問題には触れなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧