シリアの化学兵器は「サリン」か トランプ大統領はアサド政権を非難「憎むべき行為」

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は4日、シリア北部イドリブ県であった化学兵器を使ったとみられる空爆について「アサド政権による憎むべき行為だ」として、同盟国とともに非難するとの声明を発表した。一方で、オバマ前政権の「弱さと不決断」がこのような事態を招いたと批判した。

 トランプ氏は「女性や子供を含む罪のない人々に対するシリアでの化学兵器攻撃は非難されるべきだ」と指摘。政権軍による化学兵器使用が明るみに出ながらオバマ前大統領が軍事行動を見送った判断を挙げて、「化学兵器使用にレッドライン(越えてはならない一線)を引きながら何もしなかった」とした。

 ロイター通信は4日、米政府当局者の話として、シリアでの化学兵器攻撃にサリンが使われたとの見方を伝えた。

 シリア内戦に関し、トランプ政権高官は最近、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)掃討を最優先にするため、アサド氏に退陣を求めたオバマ前政権の方針を転換。アサド氏の地位は「シリアの国民が決める」(ティラーソン国務長官)として退陣に固執しない考えを強調してきた。

 これに対し、共和党重鎮のマケイン上院軍事委員長は4日に発表した声明で、アサド政権下でシリア国民が国家の将来を決めることができるというのは「馬鹿げたフィクション」だと断言。トランプ政権高官の発言は「アサド政権による戦争犯罪行為を正当化しただけだった」と批判した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧