トランプ政権 最高裁人事の審議、最終盤 打ち切り採決実施へ

 米上院は5日、トランプ大統領が最高裁判事に指名した保守派のゴーサッチ連邦高裁判事の人事を巡る審議を打ち切るための採決を6日午前に実施すると明らかにした。

 トランプ氏の人事に反対する野党民主党は、長時間の討論による議事妨害でゴーサッチ氏の承認阻止を図る。一方、与党共和党は7日に本会議で承認採決を強行する考えで、対立が予想される。

 議事妨害を遮るには定員100の上院で60の賛成票が必要だが、与党共和党の議席は52にとどまるため、採決での打ち切りは困難とみられる。

 打ち切りができなかった場合、共和党は単純過半数の51票で打ち切りができるよう上院規則を改定する最終手段に訴えると示唆していた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ