トランプ・習近平両氏、安倍晋三首相と違ってゴルフはなし 散策時間は?

 【アトランタ=黒瀬悦成】トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は6、7日、米南部フロリダ州の会員制リゾート「マールアラーゴ」で会談する。トランプ氏の就任後初となる習氏との直接会談では、北朝鮮情勢や貿易不均衡の問題などについて議論が交わされる見通しだ。

 トランプ氏は5日、ホワイトハウスでのヨルダンのアブドラ国王と会談後の共同記者会見で、北朝鮮について「重大な問題だ」と強調。「正しいことをしていない人物がおり、(それに対処するのが)自分の責任だ」と述べ、米中首脳会談では、習氏に対して北朝鮮に圧力を強めるよう求める構えを改めて示した。

 米ホワイトハウス・国家安全保障会議(NSC)のポッティンジャー上級部長によると、両首脳は6日に現地入りし、午後から会談を始める。初日は首脳夫人を交えた茶会や夕食会を開くなど、「くつろいだ雰囲気での交歓」を演出する。

 ホワイトハウス高官によれば、今年2月にフロリダを訪れた安倍晋三首相のときとは違い、米中首脳がゴルフを行う予定はないとされるものの、2人で一帯を散策する時間を設ける可能性があるとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ