韓国ミサイル、北全域を射程に 射程800キロ試射に「成功」

 【ソウル=桜井紀雄】韓国軍が最近、北朝鮮全域を射程圏内に収める射程800キロの新型弾道ミサイルの発射実験を行っていたことが6日、分かった。聯合ニュースが政府高官の話として報じた。実験は成功したといい、弾道ミサイル発射を続ける北朝鮮に対抗し、年内の実戦配備を目指す。

 発射実験は中部、忠清南道(チュンチョンナムド)の泰安(テアン)にある試験場で行われ、韓民求(ハン・ミング)国防相が立ち会った。飛行距離を抑えて、標的への命中精度などを検証し、基準値を満たす結果が得られたという。

 射程800キロなら韓国南部の浦項(ポハン)に配備しても、東倉里(トンチャンリ)のミサイル基地や豊渓里(プンゲリ)の核実験場を含む北朝鮮全域を優に射程に収めることができる。

 米韓は2012年、300キロに制限してきた射程を800キロに延長することで合意。15年6月には、射程500キロの「玄武(ヒョンム)2B」の発射実験に成功していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧