シリア攻撃 米議会ではトランプ政権を評価の声

 【ワシントン=加納宏幸】米議会では、シリアのアサド政権への攻撃に踏み切ったトランプ政権を評価する声が目立った。一方で議会承認や協議を求める意見もあった。

 共和党重鎮のマケイン上院軍事委員長は6日、「アサド政権が国民を化学兵器で虐殺するのを傍観しないことを米国として示した」とする声明を発表した。

 上院民主党トップのシューマー院内総務も「アサド氏に代償を払う必要性を分からせた」としたが、議会との協議が必要だったと主張。軍事介入に慎重な共和党のポール上院議員は議会承認を求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧