米中首脳会談 トランプ氏「会談通じて米中関係が前進」 2日目始まる 軍事力行使で中国牽制 対北朝鮮の行動迫る 米大統領年内訪中へ

 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は7日午前(日本時間同深夜から8日未明)、米南部フロリダ州パームビーチの高級別荘「マールアラーゴ」で、北朝鮮核問題や貿易不均衡などを本格的に協議するため2日目の首脳会談を行った。トランプ氏は会談初日の6日にシリアへの攻撃を命令。北朝鮮への圧力強化に消極的な中国を牽制し、習氏に一段の行動を迫る構えだ。

 7日の新華社電によると、習氏はトランプ氏の年内訪中を求め、トランプ氏は受け入れた。

 トランプ氏は習氏に対し、首脳会談を通じて米中関係が前進したと述べた。

 シリア情勢を巡り中国は2月末、国連安全保障理事会で、アサド政権などに制裁を加える決議案にロシアと共に拒否権を行使。米支持の決議案を否決に追い込んだ。会談ではシリア問題が議題になる可能性もある。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧