米中首脳会談 初顔合わせはトランプ氏に軍配 北朝鮮への「米国単独行動論」を裏付け

 【パームビーチ=黒瀬悦成】7日に終了した米フロリダ州パームビーチでの米中首脳会談は、トランプ米大統領が安全保障分野の最大懸案と位置づける北朝鮮の核・ミサイル問題で、中国の習近平国家主席から北への圧力強化の確約を得ることはできなかったとみられる。一方で、折からのシリア攻撃で米政権の「単独行動」に対する覚悟を習氏に見せつけるなど、トランプ氏の意外な「外交巧者」ぶりが際立った。

 「もし、中国が米国と連携できないのなら、米国は独自に進路を決める、と大統領は習氏に伝えた」

 ティラーソン米国務長官は7日の首脳会談終了後、記者団に明かした。

 トランプ氏は会談前に英紙に対し、中国が北朝鮮問題の解決に向けて役割を果たそうとしない場合は「われわれ(だけで)でやる」と述べていた。ティラーソン氏の発言は、トランプ氏の「単独行動論」が単なる思いつきの言葉でなく、政権の基本方針であることを裏付けるものだ。

 トランプ氏が、米中首脳会談に意図的に合わせてシリアに対する巡航ミサイル攻撃の命令を下したとは考えにくい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ