トランプ政権 「全ての爆弾の母」投下映像公開 米司令官、使用を正当化

 米国防総省は14日、大規模爆風爆弾(MOAB)を使ったアフガニスタンでの過激派組織「イスラム国」(IS)に対する空爆の映像を、同省ウェブサイトで公開した。山岳地帯に衝撃波が広がり、巨大なきのこ雲が立ち上る様子が映っている。

 米メディアによると、空爆はIS戦闘員36人を殺害し、ISが使っていた三つの地下トンネル、武器や弾薬を破壊。アフガン駐留米軍トップのニコルソン司令官は14日「目標に対する適切な武器だった」とMOAB使用を正当化した。

 「全ての爆弾の母」とも呼ばれるMOABは、核兵器を除き、米軍が持つ爆弾の中で最大級の破壊力があるとされる。13日にアフガン東部ナンガルハル州アチン地区で投下したのが初の実戦使用。これまで使わなかった大規模爆弾を今回使ったことの妥当性を問う声も出ている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ