韓国へのミサイル防衛配備時期 米高官「新大統領が決定」

 アジア歴訪中のペンス米副大統領に同行するホワイトハウス高官は16日、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備の最終的な時期について「次期韓国大統領が決めることだ」と述べ、依然流動的との見方を示した。

 北朝鮮によるミサイル発射を受けて機中で記者団に説明を行った高官は、THAAD推進の方針に変わりはないと強調する一方で「進展しているが、解決すべき課題が残っている」と指摘。具体的な配備の時期は、韓国の政治情勢に影響されるとした。

 一方、韓国外務省当局者は米高官の発言について「急速に高度化する北朝鮮の核とミサイルの脅威に対応し、在韓米軍へのTHAAD配備を遅滞なく推進することは韓米共通の立場だ」と述べた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ