北ミサイル 米大統領補佐官「挑発行為の一環だ」

 トランプ米政権のマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)は16日、北朝鮮による弾道ミサイル発射について「挑発行為の一環だ」と指摘し、同盟国の日韓両国や、中国と「連携して対処する」と強調した。ABCニュースのインタビューで語った。

 北朝鮮の金正恩体制について「敵対政権だ。予測不可能で残忍さを見せつけている」と指摘。対抗策に関しては「全ての選択肢がテーブルの上にある」と述べ、武力行使も排除しなかった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧