トルコ国民投票 トランプ氏、エルドアン大統領に祝意

 トランプ米大統領は17日、トルコのエルドアン大統領と電話会談し、トルコで大統領に実権を集中する憲法改正の是非を問う国民投票で賛成多数の結果が出たと発表されたことに祝意を示した。

 権限集中で大統領の独裁色が強まることが懸念されているが、トランプ氏はテロ対策やシリア情勢での連携強化を重視し、政治体制について意見しない考えとみられる。

 ホワイトハウスによると、トランプ氏は化学兵器使用を巡りシリアのアサド政権に行ったミサイル攻撃をエルドアン氏が支持したことに謝意を表明し、アサド政権に責任を負わせることが重要との認識で一致。過激派組織「イスラム国」(IS)掃討に向けた連携策も協議した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧