シャンゼリゼで警官射殺、2人重傷、ISが犯行声明

 【パリ=三井美奈】フランスのパリ中心部シャンゼリゼ通りで20日夜(日本時間朝)、駐車していたパトカーを男が銃撃し、内務省によると警官1人が死亡、2人が重傷を負った。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)がインターネット上で犯行声明を出した。

 オランド大統領は20日夜、テレビ演説で、「テロ事件だと確信している」と述べた。フランスでは23日に大統領選の第1回投票が行われる予定で、選挙にあわせて行われた犯行の可能性がある。

 内務省報道官によると、事件は午後9時(日本時間21日午前4時)ごろに発生。駐車中の警察車両のそばに車が止まり、車から出てきた男が警察車両に発砲した。自動小銃が使われたとしている。パリ検察のモランス検事は、男は別の警察官にその場で射殺されたと明らかにした上で、共犯がいるか否かを調べていると述べた。外国人観光客1人が破片を受けてけがをしたが、日本人が巻き込まれたという情報はない。

 警察はパリ東郊シェルで犯人の自宅と見られる住居を捜索した。仏メディアによると、犯人はパリ東郊生まれの39歳。今年2月に警官を殺害しようとした疑いで逮捕された後、証拠不十分で釈放された。過去に警察官を襲撃した罪で禁固15年の判決を受けたこともあり、現在は情報当局の監視対象だったという。ISの声明は「攻撃したのは、ISの戦士であるベルギー人のアブ・ユセフ」だとしているが、真偽は不明。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧