韓国前大統領の朴槿恵被告、5月2日に事実上の初公判

 韓国でサムスングループから多額の賄賂を受け取るなどしたとして起訴された前大統領、朴槿恵被告(65)の事実上の初公判となる公判準備手続きが5月2日午前にソウル中央地裁で開かれることが21日分かった。

 準備手続きには被告本人が出廷する義務がないため、朴前大統領が出廷するかは不透明だ。

 韓国では5月9日に出直し大統領選挙の投開票が行われる。選挙戦への影響を避けるため、朴前大統領の公判は選挙後に始まるとの見方が強かった。

 一方、法律の規定で、韓国では被告が拘束された事件では6カ月以内に一審判決が出なければ釈放することが定められている。地裁は4月17日に起訴された朴前大統領に対し、6カ月以内に判決を出すため手続きを急いだもようだ。収賄が有罪になれば懲役10年以上の重刑になる。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧