ジャワ高速鉄道の融資締結 中国の銀行と合弁会社

 中国の国家開発銀行は14日、インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画を担う合弁会社「インドネシア中国高速鉄道」と融資契約を締結したことを明らかにした。高速鉄道(約140キロ)計画は2015年に中国が日本を退けて受注したが、建設工事は遅れていた。

 北京で開催中の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」をテーマにした国際会議に出席したインドネシアのジョコ大統領と、中国の習近平国家主席が14日、北京の人民大会堂で会談し、両首脳は契約調印に立ち会った。

 新華社電によると、習氏は会談で同構想に関して「全方位の協力を進めたい」と述べ、インフラ建設の推進や貿易の拡大を図る考えを表明。ジョコ氏は工業や農業、電力、港湾などの重要プロジェクトを中国側と進めていく意向を示した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ