中国外相、韓国特使に「THAAD配備に反対」

 中国の王毅外相は18日、韓国の文在寅大統領の特使として訪中した元首相の李海●(=王へんに賛の夫がそれぞれ先)国会議員と北京で会談、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に反対する立場を伝え、適切に問題を解決するよう求めた。中国外務省が同日発表した。

 王氏は「両国関係は昨年から挫折を経験している。新政権は問題を直視し、一日も早く正しい関係発展の軌道に戻してほしい」と述べた。

 李氏は、THAAD配備の中韓関係に与える悪影響を認識し「中国側の懸念を十分に理解する」と表明。文氏が中韓の「全面的な協力パートナー関係の発展」を望んでいるとも説明した。

 北朝鮮核問題を巡り、王氏は韓国など関係国と連携しながら対話を通じて解決させたい意向を強調。李氏は中韓関係を発展させることが「朝鮮半島の平和と繁栄に重要な意義を持つ」と応じた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ