北朝鮮、「朴槿恵前政権の憎たらしいさまを想起させる」と韓国新政権の批判に反発 ミサイル発射継続を強調

 北朝鮮の対韓国窓口機関、朝鮮アジア太平洋平和委員会は18日、報道官談話を発表し、韓国の文在寅政権が北朝鮮による14日の弾道ミサイル発射を批判したことに反発し「われわれの自衛力強化措置は南朝鮮(韓国)で政権が変わったからといって、中断されたり速度が緩められたりすることは決してない」と表明した。朝鮮中央通信が伝えた。

 文政権は北朝鮮との対話再開を模索しているが、北朝鮮が核・ミサイル開発を推し進める方針を示し、難しい対応を迫られている。

 談話は、文氏の名指しは避けつつも、新政権がミサイル発射を国連安全保障理事会決議違反だと批判したことについて「朴槿恵前政権の憎たらしいさまを想起させる」と非難した。

 また「米国の敵視政策が日増しに強まっている以上、われわれの自衛的核攻撃能力はより急速に強化される」と主張した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧