イラン大統領選、投票率70%に達する見込み 開票スタート

 【テヘラン=佐藤貴生】イラン大統領選は20日午前0時(日本時間同4時半)に投票が締め切られ、同日未明に開票作業が始まった。イランのプレスTVが伝えた。内務省は4000万人以上が投票したと推計しており、ロイター通信は投票率が約70%に達するとの見通しを伝えた。

 締め切り時間は当初19日夜とされていたが、全土の投票所前で予定時間を過ぎても有権者の長い列が続き、当局は締め切り時間を数回にわたり繰り下げ、延長は計6時間に及んだ。選挙をめぐる大きな混乱などは伝えられていない。

 大統領選の立候補者は4人で、穏健派の現職、ロウハニ大統領(68)と反米を掲げる保守強硬派のライシ前検事総長(56)の事実上の一騎打ち。2015年に欧米など6カ国との間で結ばれた核合意や、伸び悩んでいる国内経済など、過去4年間のロウハニ政権に対する評価が主要な争点となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ