斜陽の英国海軍、栄光の艦隊どこへいく? 資産切り売り…海軍旗艦に売却話

【軍事ワールド】

 かつて世界の7つの海を支配した英国海軍が、限界を超えた予算不足にあえいでいる。英国経済の不振によって防衛予算の削減が続き、ついに海軍旗艦の揚陸ヘリ空母「HMSオーシャン」をブラジルへ売却する動きが本格化しているというのだ。売却が実現した場合、空母が1隻もない状態での任務を強いられることに。斜陽の英国海軍は、歴史上最も困難な時を迎えつつある。(岡田敏彦)

ブラジルへの売却問題が取りざたされている英国海軍のHMSオーシャン(英国海軍HPより)

ブラジルへの売却問題が取りざたされている英国海軍のHMSオーシャン(英国海軍HPより)

 英国海軍旗艦

 売却話が進むHMSオーシャンは、揚陸作戦を行えるヘリコプター搭載空母として1994年に起工、98年に就役した。2014年に6千500ポンド(約91億円)をかけてメンテナンスや設備の更新(大規模修理)を行い、最新の同種艦艇と比べても遜色のない性能を持っている。

 ヘリコプターなら最大18機、垂直離着陸機(VTOL)では同15機の輸送が可能なうえ、上陸用舟艇4隻を運用できる性能がある。船体の規模は全長約203メートル、全幅約35メートル、約2万2500トンと、海上自衛隊の新型護衛艦「ひゆうが型」(全長197メートル、全幅33メートル、約1万9千トン)とほぼ同規模だ。また、類似の役割をもつ輸送艦「おおすみ型」(全長178メートル、1万4千トン)より大きく、その内部には銀行や警察、各種店舗にトレーニングジムやパブまで備えている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ