G20前に中国「パンダ外交」でドイツに攻勢 ベルリンに2頭到着

 中国からドイツに貸し出されるパンダ2頭が24日、ドイツの首都ベルリン近郊のシェーネフェルト国際空港に到着した。「パンダ外交」を展開する中国は、7月に20カ国・地域(G20)首脳会合が開催されるドイツにパンダを送り込み、存在感を高める狙いがあるとみられる。

 パンダ2頭は7月5日ごろにベルリン動物園でお披露目され、G20首脳会合出席のためドイツを訪れる習近平中国国家主席と、ドイツのメルケル首相が立ち会う見通し。

 2頭は6歳の雄と3歳の雌で、動物園によると貸出期間は15年間。ドイツ側から中国側に毎年100万ドル(約1億1000万円)が支払われる。ベルリン動物園には東西ドイツ統一前に中国から贈られたパンダがいたが、2012年に死亡した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧