朴槿恵前大統領、公判中めまいか  机に突っ伏し休廷

 韓国の前大統領で収賄罪などに問われた朴槿恵(パク・クネ)被告が30日、ソウル中央地裁での公判中に突然、被告席の机に突っ伏し、地裁が休廷を命じる一幕があった。前大統領はしばらく動かなかったが、その後、自ら立ち上がり歩いて退廷、弁護士は「疲労によるめまいのようだ」と説明した。聯合ニュースが伝えた。

 聯合によると、この日の公判は午前10時に始まり、3回の休廷を挟み夕方まで続いた。証人尋問が続いていた午後6時半ごろ、前大統領は額に手を当て疲れた様子を見せた後、倒れ込むように突っ伏したという。

 裁判長は「朴被告が健康を損なう恐れがあり、証人尋問を続けるのは難しい」として、この日の尋問を打ち切った。前大統領と共に出廷していた親友、崔順実被告の弁護人は、検察が証人に不必要な質問を続けたと主張、地裁側に「裁判より人命の方が大切だ」などと訴えた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧