韓国新政権 統一相が就任 朴槿恵前政権批判し「核問題解決に最善尽くす」

 韓国の文在寅大統領は3日、新任の統一相に趙明均・元大統領府秘書官を、農林畜産食品相に金瑛録・元国会議員を正式に任命、両氏は就任した。趙氏は任命式で「不要論まで出た統一省は過去9年間、何をしてきたのか」と、朴槿恵前政権など保守政権を批判し「北朝鮮核問題の解決に最善を尽くす」と述べた。

 文氏はまた、産業通商資源相の候補に大学教授の白雲揆氏を、保健福祉相の候補に大学教授の朴●厚氏を充てる人事を発表した。今後、国会の人事聴聞会を経て文氏が任命する。

 大統領府の経済首席秘書官に大学教授の洪長杓氏を、新設した雇用問題担当の首席秘書官には西江大の技術経営専門大学院の潘長植院長をそれぞれ任命した。(共同)

●=さんずいに陵のつくり

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧