北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本のEEZに落下

 【ソウル=名村隆寛】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は4日午前9時40分ごろ、北西部の平安北道(ピョンアンプクト)方●(パンヒョン)付近から日本海方向に向けて弾道ミサイル1発を発射した。飛行距離は約930キロ。最終確認されれば、今年10回目の弾道ミサイル発射。日本政府は、ミサイルが約40分間飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられると発表した。

 北朝鮮は5月14日に中長距離と称する弾道ミサイル「火星12」を発射。以来、先月8日に東部の元山(ウォンサン)付近から地対艦巡航ミサイルとみられる数発を発射するまで、4週連続でミサイル発射を強行した。

 北朝鮮をめぐっては先月末、トランプ米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が米韓同盟を再確認し、核やミサイルの開発に対し共同で対処する姿勢を示したばかり。

 また、今週にはドイツで20カ国・地域(G20)首脳会議が控えており、これに合わせて日米韓首脳会談が行われる予定だ。

 こうした中での弾道ミサイル発射は、国際社会の批判を完全に無視したもので、日米韓の対北共同姿勢に真っ向から反発した挑発行為だ。

 国連安全保障理事会は先月、北朝鮮の弾道ミサイル発射を強く非難し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の側近を含む14個人と北朝鮮の4企業・団体を資産凍結や渡航禁止の制裁対象に追加する決議案を全会一致で採択。また、5月末の先進7カ国(G7)首脳会議では、北朝鮮を「新たな段階の脅威」になったとし、核・ミサイル開発の完全放棄を要求するなど圧力強化で一致していた。

 ※●は「山ヘンに見」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ