北ミサイル 「火星14号」が933キロ飛行と発表 北朝鮮

 【ソウル支局】北朝鮮の朝鮮中央テレビは4日の「特別重大報道」で、発射に成功したのは大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」だと明らかにした。

 ラヂオプレスによると、同報道は、高度2802キロ、距離933キロを39分間かけて飛行したとしている。

 「最大高角発射で実施した」「周辺諸国の安全に否定的影響与えず」とも言及した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ