北ミサイル 国連安保理、5日に緊急会合へ 日米韓が要請

 【ニューヨーク=上塚真由】北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功したと発表したことを受け、国連安全保障理事会は5日午後3時(日本時間6日午前4時)から緊急会合を開く。日米韓が4日、安保理議長国の中国に開催を要請した。緊急会合は公開で行われる。

 緊急会合では、ICBM発射を禁じた安保理決議に違反し、発射を強行した北朝鮮への対応を協議する。日米韓は各国に、過去に採択した安保理決議の制裁の履行徹底を促すとともに、さらなる制裁強化に向けた働きかけを強める。

 これに対し、中国やロシアは北朝鮮との対話を重視し、制裁強化には慎重な立場を崩しておらず、北朝鮮のミサイルの脅威が一段と高まる中、安保理として一致した対応が示せるかどうかが注目される。

 一方、国連のグテレス事務総長は4日、北朝鮮によるミサイル発射を「強く非難する」との声明を報道官を通じて発表した。「今回の行動も恥知らずな安保理決議違反だ」と断じ、「北朝鮮の指導者はさらなる挑発行動をやめるべきだ」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ