北ミサイル 独韓首脳会談、文在寅大統領は制裁強化「検討すべきだ」 G20文書で北非難へ

 【ハンブルク=宮下日出男】ドイツのメルケル首相は5日、訪独中の文在寅・韓国大統領と会談した。両首脳は北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に強い懸念を示し、文氏は北の挑発阻止のため、「われわれは一段と厳しい制裁の可能性を検討すべきだ」と述べた。

 また、韓国側によると、メルケル氏は7日開幕の20カ国・地域(G20)首脳会合で、北の核・ミサイル開発を非難する内容を会合の成果をまとめた文書に盛り込む意向を会談で示した。

 共同記者会見で、文氏はICBM発射について朝鮮半島や世界に対する「大きな威嚇であり、挑発だ」と非難。同時に北朝鮮問題は「平和的に解決されるべきだ」とも語り、過去の東西分断から統一を果たしたドイツに問題の解決への支援を求めた。

 メルケル氏も北朝鮮の脅威は「世界平和に対し危険」とし、一段の制裁強化を含む「最善の対応」を検討する考えを強調。聯合ニュースによると、両首脳は会談で、制裁と対話を含む、あらゆる可能な手段を通じて解決を図るため緊密に協力していくことで一致した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ