【海外こぼれ話】大きかった自撮り失敗の代償

 米ロサンゼルスの美術展で、観客の女性が美術品と記念撮影しようと身をかがめセルフィー(自撮り)したところバランスを崩し失敗、美術品を置く台座に背中から突っ込んだ。台座間の距離が近かったため、次々と倒れていった。

 米メディアは、監視カメラが捉えた見事なドミノ倒しの場面を報道。美術展の広報担当によると、被害額は20万ドル(約2250万円)に上る。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ