北ミサイル 日米韓が北めぐり政策企画協議

 【ワシントン=加納宏幸】日米韓3カ国の高官による「政策企画協議」が19日、ワシントンで開かれ、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けた核・ミサイル問題への対処を中心に北東アジア情勢の長期的課題を議論した。

 国務省によると、協議では北朝鮮がもたらす脅威に取り組むため3カ国の調整の重要性を確認。「東南アジア地域での政策調整」も議論したとしており、中国の南シナ海進出が議題となった可能性がある。

 協議には日本から外務省の鈴木哲総合外交政策局長、米国務省のブライアン・フック上級政策顧問、韓国外務省の馬(マ)相(サン)潤(ユン)政策企画官が出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ