北ミサイル EU、仏が非難声明

 【ベルリン=宮下日出男】北朝鮮の弾道ミサイル発射について、欧州連合(EU)の欧州対外活動庁(外務省に相当)は28日、「北朝鮮の国際的義務に対するあからさまな違反」と非難する声明を発表した。

 声明は、北朝鮮に対し、「地域と世界の緊張を高める一段の挑発的行動を控える」よう求めた。

 フランス外務省も28日に声明を出し、「最大限の外交圧力のみが北朝鮮を交渉のテーブルに戻す可能性を持つ」と強調。安保理に対して「強力な追加制裁」の迅速な採択を求めた上、EUにも「野心的な措置」を求める考えを示した。仏メディアが伝えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ