北ミサイル ICBM、射程を最大1万キロに延長か ロスも射程に

 【ワシントン=黒瀬悦成】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は28日、北朝鮮が新たに発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)について、現時点で判明している発射データから計算して「通常軌道で飛行した場合の射程は9千~1万キロに達する可能性がある」との分析を明らかにした。

 事実とすれば、北朝鮮のICBMはロサンゼルスを含む米西海岸を射程に収めることになる。

 同サイトは、今回発射されたミサイルは7月4日に発射された2段式のICBM「火星14」と同型とみられるとした上で、2段目のロケットに高推力エンジンを搭載して射程を伸ばした可能性があるとの見方を示した。

 このため、今回のミサイル発射はICBMの射程延長が目的の一つだった公算が大きいとみられる。

 同サイトは、火星14の信頼性を確立させるには、さらに複数回の実験が必要であるとして、「北朝鮮が今後、さらに何発もの(ICBMを)発射するのは確実だ」と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ