北ミサイル 露国防省は「中距離」と発表 ICBMとの見方否定

 【モスクワ=黒川信雄】インタファクス通信などによると、ロシア国防省は28日、北朝鮮が同日発射したミサイルは中距離弾道ミサイルだと発表した。ミサイルは高度681キロ、飛距離732キロに達し、日本海中部に落下したとしている。ロシアとは逆の方向に発射されており、露側に脅威はないと強調した。

 日本政府はミサイルについて高度3500キロを超えたと分析しており、大きく食い違っている。

 ロシアは4日に発射された弾道ミサイルをめぐっても、大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではなく中距離弾道ミサイルだったと主張。北朝鮮への制裁や軍事的圧力の強化に反対する姿勢を示していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ