北ミサイル 北、トランプ政権の制裁に「正義の行動で応える」 新たな軍事挑発示唆

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮外務省は30日、報道官談話を発表し、米国が軍事的圧迫や強硬な制裁に固執するなら「断固とした正義の行動で応える」と威嚇した。朝鮮中央通信が報じた。「行動」の具体的内容は示していないが、28日のICBM「火星14」の発射を受けたトランプ政権の制裁強化の動きに対し、3度目のICBM発射など、新たな軍事的挑発を示唆して牽制した形だ。

 談話は、28日の発射が「分別を失った米国に厳重な警告を送るため」だったとする金正恩朝鮮労働党委員長の言葉を改めて強調。米国の圧力が「われわれに核兵器保有の名分をさらに与えている」と主張した。

 自国が核・ロケット強国の戦略的地位を得たともし、トランプ政権に対し、「わが軍や人民の報復意思をよく見て、われわれを害そうとする愚かな妄想はやめるべきだ」と警告した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ