北ミサイル ロシア、「責任転嫁」と米に反論 北朝鮮との対話主張

 ロシア外務省は31日、北朝鮮が28日に弾道ミサイルを発射したことに「深い懸念」を表明する声明を発表した。一方、対話を通じた問題解決を関係国に要請。北朝鮮の核開発を「ロシアと中国が大目に見ているとして事実上非難し、責任を転嫁する試みは納得できない」と、米国などに反論した。

 ミサイル発射は国連安全保障理事会の決議に違反していると批判したが、ロシアは中国と共に軍事力行使の脅しをせず、前提条件なしで対話を通じ問題解決を図る行程表を示していると指摘。韓国での米ミサイル防衛(MD)網の強化などの軍事活動に反対し、緊張激化につながる行為の自制を関係国に促した。

 ロシア国防省は、28日に発射されたのは大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではなく、中距離弾道ミサイルだと発表している。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ