北ミサイル 中国紙がトランプ大統領批判 中国への不満「全く理不尽だ」

 31日付の中国共産党の機関紙、人民日報系の環球時報は、北朝鮮による2回目の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けてトランプ米大統領が中国への不満を強めていることを「全く理不尽だ」と批判する社説を掲載した。

 社説は「トランプ大統領は素人のような発言をやめろ」と題し、中国は北朝鮮産の石炭輸入停止など国連安全保障理事会の制裁決議を「厳格に執行」していると強調。北朝鮮の核・ミサイル開発問題は中国だけで解決できるものではないとの認識も示し、米中の協力の必要性を指摘した。

 また、北朝鮮問題と米中の通商問題を関連付けることをやめるよう要求した。

 トランプ氏は北朝鮮の2回目のICBM発射直後にツイッターで、対米貿易で大いにもうけてきた中国が「北朝鮮問題で何もしてくれていない」と不満をぶつけていた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ