金正男氏暗殺事件 北朝鮮に引き渡された遺体の行方

 金正恩の異母兄・金正男氏がマレーシアで殺害されてから約半年。遺体の引き渡しについては北朝鮮とマレーシア政府の間で交渉が難航。正男氏の息子・ハンソル氏が、「遺体は火葬してほしい。いかなる理由があっても遺体を叔父の金正恩氏や北朝鮮政府に渡さないで」と望んでいたが、その願いは叶わず、3月31日に北朝鮮に引き渡された。

 その後、遺体に関する情報は途絶えていたが、最近になって韓国メディアが続報を打ち始めた。韓国から北朝鮮住民に向けて放送しているラジオ局「国民統一放送」は6月7日に、こう報じていた。

 〈北朝鮮当局は徹底的に遺体についての関連事実を隠蔽している。葬儀はせずに、遺体も極秘裏に処理されたはずだ〉

 また、経済誌「ソウル経済」(7月30日付)には、こんな記述があった。

 〈遺体が正恩氏にとっての“頭痛の種”にならないよう、跡形もなく消した可能性がある〉

 北朝鮮がここまで徹底的に正男氏の痕跡を消そうとする訳について、韓国駐在経験のある大手紙記者はこう分析する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ