驚異的な装甲、レーザービームやレールガンで反撃 米国「次世代戦車」開発構想

ロシアが現在運用しているT-72戦車の最新型。砲塔周囲に爆発反応装甲を装着し、残存性を高めている(ロイター)

ロシアが現在運用しているT-72戦車の最新型。砲塔周囲に爆発反応装甲を装着し、残存性を高めている(ロイター)

【軍事ワールド】

 米陸軍が約40年ぶりとなる新型戦車の開発に強い意欲を示した。ロシアの新型戦車「アルマータ」など諸外国が次々と新技術を取り込んだ“新世代”戦車を導入していることを考慮した動きだ。米軍幹部の構想では、主武装に火薬を用いる大砲ではなくレールガンやレーザービームを、防御には敵弾を撃ち落とすアクティブ防御はもちろん、新素材を用いた驚異的な装甲が採用される可能性があり、実現すれば陸戦の概念を覆す新戦車が誕生する。(岡田敏彦)

 ライバルはアルマータ

 新戦車構想は7月末に行われたワシントン市内での講演で、米陸軍のミリー参謀総長が言及した。現行のM1エイブラムス戦車とM2ブラッドレー歩兵戦闘車がいずれも採用から約40年経ち、性能が陳腐化したことで、ロシアなど他国の戦車に対する優位性を失いつつあることが背景にある。

 ミリー参謀総長はロシアの新型戦車T-14アルマータを例に出し、「(アルマータには)積極的な防御システムがある」と指摘。さらに「現在の装甲と同レベルの防御力があり、かつ大幅に軽量な素材が発見できれば、重要な(技術的)ブレークスルーになる」と強調した。

 特に防御面に注目しているのは、現行のM1戦車など米軍の戦闘装甲車両が「改良の袋小路」にあるからだ。

次ページ大まかにいえば固い鉄の塊(砲弾)を高速で敵戦車にぶつけて装甲を貫き…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ