政府、北ミサイル発射に備え情報訓練 メール配信に一部不具合

 政府は18日、北朝鮮による米領グアム周辺への弾道ミサイル発射に備え、上空を通過する恐れがある中国、四国9県の全202市町村で全国瞬時警報システム(Jアラート)の情報伝達訓練を実施した。機器が正常に作動するかを確認するのが目的だが、一部地域で防災情報メールの文字表示が崩れたり、防災行政無線から音声が流れなかったりするトラブルがあった。

 訓練では、屋外や各世帯に設置された防災行政無線、携帯電話メール、ケーブルテレビなどから、政府が配信した電文と同じ情報が流れた。

 鳥取県米子市では、屋外に設置された防災行政無線のスピーカーから音声が流れなかった。島根、岡山両県では、県が配信する防災情報メールの表示に不具合があった。

 岡山県によると、タイトル以外は文面が読み取れず、担当者は「受信した人が混乱している恐れがあり、説明のメールを送るなど対応を考える」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ