北朝鮮の核・ミサイルを想定した演習始まる「侵略の脚本を完成させるためだ」北は反発

 【ソウル=桜井紀雄】米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン(UFG)」が21日午前、始まった。北朝鮮からの核・ミサイル攻撃を想定、兆候を捉えた際の先制攻撃や反撃について、指揮態勢をシミュレーションする演習で、31日まで続けられる。

 韓国軍の約5万人、米軍は海外からの約3千人を含む約1万7500人が参加する。米軍は昨年に比べ、約7500人少ない。訪韓中のハリス米太平洋軍司令官やハイテン米戦略軍司令官も視察する見通し。

 北朝鮮は米領グアム沖へのミサイル発射計画を保留する姿勢を示したが、米韓軍は新たな軍事的挑発に備え、警戒を維持している。

 北朝鮮は20日、朝鮮労働党機関紙の労働新聞に「侵略の脚本を完成させるための反共和国(北朝鮮)演習は敵対意思の露骨な表現だ」とする論評を掲げるなど反発を示している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ