米駆逐艦衝突 相次ぐ米艦事故…オバマ政権の国防予算削減で即応能力低下か 対北ミサイル防衛に影響も

 【ワシントン=黒瀬悦成】米海軍のイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」がシンガポール沖でタンカーと衝突した事故は、米海軍の艦船が太平洋海域で関係した事故としては今年4件目となる。トランプ大統領が「強い海軍の復活」を訴える中、専門家からはオバマ前政権下で国防予算強制削減に見舞われた海軍の即応能力の低下を懸念する声も出ている。

 米海軍は、今回の事故と6月のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」による伊豆半島沖での衝突事故のほか、1月31日にイージス巡洋艦「アンティータム」が神奈川県横須賀市沖で浅瀬に乗り上げ、スクリューを損傷。5月9日にはイージス巡洋艦「レイク・シャンプレイン」が韓国漁船と韓国・鬱陵島沖の日本海で衝突事故を起こした。

 自らも元海軍将校である共和党の重鎮、マケイン上院議員はトランプ政権発足直後の今年1月、米紙ウオールストリート・ジャーナルへの寄稿で、前政権下の2010~14年に国防予算が21%削減され、軍の即応態勢が危機に陥ったと指摘。トランプ氏はこうした声を受けて「米軍の再建」を打ち出し、海軍戦力に関しては現行の約270隻から「350隻体制」にすると表明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ